シミトリーの肝斑への効果

シミトリーは肝斑にも効果があるのでしょうか?シミトリーの成分を解説しながら肝斑に効くのかどうかを説明していきます。
MENU

シミトリーは肝斑にも効く?

 

シミトリーは敏感肌・乾燥肌の女性でも気軽に使えるシミ取りクリームですが、シミトリーは肝斑にも効くのでしょうか?成分を見ながら解説していきます。

 

 

肝斑とは

 

初めに肝斑について簡単に触れていきます。

 

肝斑とは顔の広範囲に発生するシミです。

 

左右対称にでき、薄い褐色かつモヤッとしたシミであるのが特徴です。

 

第二子出産後に発生しやすく、30〜40代の女性多く見られ、閉経後に自然と治ることから、紫外線だけでなく女性ホルモンが影響していると考えられています。

 

摩擦による微弱炎症が肝斑を悪化させることから、肌をこすらないようにしなくてはいけません。

 

 

シミトリーは肝斑には効果ある?

 

シミトリーの主成分はアルブチンとビタミンC誘導体です。

 

これらにはシミを発生させない効果と今あるシミを還元(薄く)する効果があります。

 

そのため継続して使用することにより肝斑を薄くしていくことができるでしょう。

 

 

肝斑を予防するには?

 

肝斑の原因は、女性ホルモン、摩擦、紫外線の3つです。

 

摩擦と紫外線については、肌をこすらないこととUVケアによって防ぐことができますが、女性ホルモンについては閉経を待たないといけません。

 

そのため閉経までの間、肝斑をなくしておきたいのであれば、美白クリームを利用し続けなくてはいません。

 

かつて逆効果といわれていたレーザー治療ですが肝斑にも有効な治療法ができてきています。しかし女性ホルモンが影響して発生するため根本解決にならないため、あえて高いお金を出して治療するよりも、継続的にケアできるシミトリーなどの美白クリームを使う方がコスパも良いですね。

 

 

肝斑を消すのに最も効果的なものは?

 

肝斑にはシミトリーのような美白クリームも有効ですが、トラネキサム酸入りの内服薬を使うのが一番効果的です。

 

そのため美白クリームを使いつつも内服薬も継続的に使っていくとシミも薄くしていきやすいでしょう。

 

 

>>シミトリーの口コミをこちらでチェック

 

 

 

 

このページの先頭へ