シミトリーは敏感肌にも使える?

シミトリーは敏感肌・乾燥肌にも使ってもらえるオールインワンタイプのシミ取りクリームですが、なぜ使えるのかをこちらで詳しーく解説します。
MENU

シミトリーが敏感肌でもなぜ使えるのかについて

 

シミトリーは敏感肌の方でも使えるオールインワンタイプのシミ取りクリームです。

 

なぜ敏感肌でも使えるのかについて当記事で解説していきます。

 

 

シミトリーが敏感肌でも使える理由

 

シミトリーが敏感肌でも使えるポイントは2つあります。

 

     

  1. 球状ラメラ構造
  2.  

  3. 7つの無添加
  4.  

  5. 10種の保湿成分
  6.  

 

それぞれを見ていきましょう。

 

 

球状ラメラ構造

 

シミトリーは美容成分を特殊なカプセルで包んでいます。

 

球状ラメラ構造

 

このカプセルは球状ラメラ構造という水と油のウェハース状の構造を持っているため肌表面に刺激を与えずに角層の奥に美容成分を届けます

 

球状ラメラ構造についてはコチラもご覧ください。

 

なぜ水と油のウエハース状になっているかというと、お肌の表面が水と油の膜で守られているため、同じ構造を持っていると肌になじんですり抜けることができるからなんですね。

 

今までのスキンケアコスメですと美容成分が水と油の構造を持っていなかったため、必要なところまで美容成分が届かず肌表面に長時間とどまるため、その刺激に敏感肌をお持ちの方は耐えられずに肌荒れを起こしていました。

 

シミトリーが球状ラメラ構造を採用することでシミトリーの成分が肌表面を直接かつ長時間刺激することがなくなったため、敏感肌や乾燥肌の方が使っても肌荒れを起こさないようになりました。

 

 

敏感肌を防ぐ!シミトリーの10種の保湿成分

 

敏感肌の人は保湿にも気を使いますよね。

 

乾燥すると肌のバリア機能が低下して少しの刺激でも肌荒れが起き、シミが発生しやすくなります。

 

シミトリーはシミの原因に肌の乾燥を挙げており、保湿対策のために以下の10種の天然由来の保湿エキスを配合しています。

 

10種成分

 

フラバンジェノール、ビルバリー葉エキス、ユキノシタエキス、マロニエエキス、カンゾウフラボノイド、天然ビタミンE、セラミド3、オリブ油、スクワラン、シア脂

 

7つの無添加

 

シミトリーはお肌に負担のかかる以下の7つの成分を無添加にしています。

 

7つの無添加

 

パラベン、アルコール、界面活性剤、香料、着色料、鉱物油、シリコーン

 

そのため球状ラメラ構造以外にも肌に刺激を与えないような配慮がなされているのですね。

 

 

敏感肌OK!でもパッチテスト

 

シミトリーは敏感肌でも使用できるオールインワンジェルですが、すべての人の肌が均一ではありませんので、敏感肌の方はいきなり顔に塗りだすのではなく、お肌で目立たない部分にシミトリーを塗り、絆創膏などでカバーし24時間放置したうえで異常が出ないかどうかを確認するのが良いでしょう。

 

 

シミトリーが敏感肌でもなぜ使えるのかまとめ

 

シミトリーは球状ラメラ構造、7つの無添加、10種の保湿成分という3つのポイントから敏感肌に優しいコスメとなっています。

 

シミトリーは敏感肌の方向けに作られているオールインワンタイプのシミ取りクリームですので、シミやくすみが気になる方は一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

シミトリーの公式サイトでは14日間返金保証付き、通常価格の26%OFFでシミトリーをお試しすることができます。

 

シミトリーに興味のある方はシミトリーの公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

シミトリーの公式サイト情報へ

 

シミトリーの口コミをこちらでチェック

 

 

 

 

このページの先頭へ