シミトリーの副作用と安全性|危険性があるかどうかを徹底解説

シミトリーの副作用や安全性について気になることをすべてピックアップしました。副作用を予防する方法や使って肌に合わなかった場合の対応方法などもご紹介しています。
MENU

シミトリーの副作用と安全性|成分など気になる点をまとめました

 

シミトリー副作用

 

シミトリーを使うにあたり、「自分の肌に合うかどうか」といった副作用や「ちゃんとしたところで作っているの?」という安全性について気になる方も多いのではないでしょうか?

 

こちらではシミトリーの副作用や安全性について、成分やメーカーなど気になる点をお知らせしていきます。

 

 

シミトリーの副作用(肌荒れ・アレルギー)

 

シミトリーの副作用として肌荒れやアレルギーなどが発生しないか、シミトリーに配合されている全成分をチェックすればよいですよね。

 

シミトリー全成分・成分表

 

まずはシミトリーに配合されている全成分をご紹介します。

 

有効成分:アルブチン
その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、テトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、ユキノシタエキス、マロニエエキス、シア脂、カンゾウフラボノイド、N−ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2−ペンタンジオール、1,3−ブチレングリコール、精製水、アクリル酸、メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

注意)3-O-エチルスコルビン酸と表記のサイトもありますが、3-O-エチルスコルビン酸の間違いです。

 

シミトリーに配合されている美容成分の中でも効果の高い美容成分として、ハイドロキノン誘導体ビタミンC誘導体フラバンジェノールがあります。

 

ところで、ハイドロキノン誘導体とハイドロキノン、ビタミンC誘導体とビタミンCの違いは判りますか?

 

ハイドロキノン誘導体(アルブチン)とハイドロキノンの効果と副作用

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれるほどメラニンの還元作用(黒くなった肌を白くする作用)が強く、美白効果が強い反面、その刺激で肌が赤みを帯びたりなどの副作用が発生する可能性があります。

 

一方ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンとグルコース(ブドウ糖)を結合させることで肌表面への刺激を抑え、安全性を高め、肌荒れなどの副作用を抑えます。ハイドロキノン誘導体はアルブチンとも呼ばれます。

 

ビタミンC誘導体とビタミンCの効果と副作用

 

ビタミンCには美白効果や抗酸化作用がありますが、安定性に欠けており角質層の気になる所まで届きません。

 

ビタミンC誘導体は安定性を欠くビタミンCに安定性を持たせ、肌の内部に浸透しやすくしたもので、ビタミンCの効果を安定的に角質層に届けてくれます。

 

 

 

ハイドロキノン誘導体もビタミンC誘導体も昔から使用されている成分で、数ある美白成分の中でその効果と安全性を認められ、安心して使用できる成分のため、多くの化粧品に広く採用されています。

 

フラバンジェノール

 

フラバンジェノールはフランス海岸松樹皮から抽出されたポリフェノールのことで、副作用の心配はありませんん。

 

ちなみにフラバンジェノールの美容パワーはビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍です。

 

またヒアルロン酸を加えることでうるおいがコラーゲンの5倍、セラミドの15倍にもなることが知られている成分です。

 

 

シミトリーは敏感肌や乾燥肌、アトピー肌にも使える?

 

敏感肌乾燥肌

 

敏感肌・乾燥肌やアトピー肌の副作用の原因として添加物の有無も気になるのではないでしょうか

 

シミトリーは副作用が発生しないような配慮をしており、以下の成分を無添加と公表しています。

 

パラベン、アルコール、界面活性剤、香料、着色料、鉱物油、シリコーン

 

これらの成分が原因でコスメを使えない方にシミトリーを使ってもらえます。

 

 

シミトリーで白斑やかゆみなどの肌トラブルは発生する?

 

シミトリーを使うことで白斑やかゆみなど肌トラブルが発生したという報告はなく、アットコスメの口コミでも評価5以上のコメントしか載っていませんね。

 

それだけ安心して使えるコスメだといえるのですね。

 

 

シミトリーの安全性について

 

シミトリーの安全性を確認するためにどういう会社が作っているのかが気になる人もいるのではないでしょうか?

 

シミトリーは福岡に本社がある東洋新薬が製造してフォーマルクラインが販売しています。

 

東洋新薬

(引用元:東洋新薬ホームページ

 

シミトリーは日本製の医薬品メーカーが厚生労働省が定める基準にのっとって製造しているため、安全性について不安な点はないと考えてよいでしょう。

 

シミトリーのメーカー東洋新薬とフォーマルクラインの関係について

 

フォーマルクラインは東洋新薬のグループ会社で、フラバンジェノールを配合した化粧品を中心に医薬品や健康食品も販売しています。

 

シミトリーのメーカーである東洋新薬は1997年に設立された会社で、設立以来、化粧品、医薬品、健康食品などを製造しています。

 

これまでは他社の商品の製造を受託していましたが、2019年には新工場を設立するほど業績は好調のようですね。

 

近年急速に自社商品を開発しており、シミトリーもそんな中で発売されたコスメです。

 

他社からの製造受託で業績を伸ばしているのは、製造した製品の安全性が保たれているからこそであり、実績から考えてもシミトリーの安全性について問題はないといってよいでしょう。

 

 

シミトリーの副作用の予防にパッチテスト

 

いかにシミトリーが安全対策をしていようとも、やはりスキンケアコスメが合うかどうかには個人差があるのは否めません。

 

シミトリーの安全性をさらに高めるためには使用前にパッチテストをしましょう

 

腕の内側など皮膚が薄く目立たない部分にシミトリーを塗り、絆創膏などを上から貼って24時間放置した後に肌荒れの有無を確認します。

 

副作用やアレルギーなどが発生していなければ、そこで初めて顔に使い始めるようにしましょう。

 

 

シミトリーのサンプル・お試し・トライアルセット・モニターなど

 

シミトリーが自分の肌に合うかどうかわからないから、サンプルやお試し、トライアルセット、モニター募集があったらいいなと思いませんか?

 

シミトリーのサンプル・お試し・試供品については別ページで解説しています。

 

 

シミトリーには14日間の返金保証がついています。まずは1ヶ月分を購入して使用感が悪かったら返金依頼をしてもいいでしょう。

 

シミトリーの返金保証制度についても別ページで解説しています。

 

 

 

シミトリーの副作用まとめ

 

シミトリーの副作用や安全性について、成分とメーカーの2つの視点から解説しました。

 

シミトリーは敏感肌や乾燥肌の女性に使ってもらえるように、肌の保湿に注目しています。

 

シミトリーは実績のある会社が安全性に十分配慮して製造して、副作用が発生しないように配合成分にも十分注意しています。

 

買ったはいいけど肌に合わないといったときのために返金保証制度を設けて損はしないようになっているので、肌が弱い方でもシミが気になるようでしたら一度使ってみるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ